ホラー映画を見て眠れなくなるくらい
私が悩んで悩んで悩んだ話

私は20代のごく普通の女の子だ
もう女の子、と名乗っていいのかわからないが、普通におしゃれをして友達と遊んだり彼氏を作ったり、そこらへんに普通にいる一般女性です。
インナーブランでワキガの消臭対策するまえの私の体験です。

何気ない日常のなかで、私が夜も眠れなくなるほど悩んだことがある。ホラー映画を見て怖いだとか、彼氏に浮気されたとか、そんな単純なことではない。

私はこの話を友達や親には一切言えなかったから、この世の中でどのくらいの人数の女性が同じ悩みを持っているのかわからないし共感してくれる人もいなかった。
当たり前だ、誰にも話さなかったのだから。

結局、私がなにでそんなに、眠れないほど悩んだかというと、、、それは…デリケートゾーンの臭い。
インナーブランかって、速攻で対処しました。インナーブランはワキガで悩んでいる人には有名な消臭スプレーでしたから。

あぁなんだそんなことか、と思った方もいるだろう。
女性なら誰にもある生理。生理の時はナプキンが群れてしまったり、それが原因でかぶれてしまったり、生理独特の臭いがあったり。一度は、あれ?ん?と思う女性は少なくないと思う。

だが、私はそんなレベルじゃなかった。
そして何故ここまで深刻に悩んだのかというと、当時私は彼氏がいて、決まって臭うのが性行為の時だったからだ。

大好きな彼との、愛の時間。
なのにただよう臭い…
彼氏はとても優しい人だったので私にはなにも言ってこなかった。だから私からも聞けなかった。
ねぇ、私臭いよね?なんて。

でも私はハッキリわかっていたのだ。
これが自分のデリケートゾーンから漂っているということを。

それから私は時間の隙間に片っ端から調べ尽くした。
彼氏には本当に申し訳ないが、浮気を疑った。
どこかで遊んできて、性病をもらってきたのか?
それを私が移ったのか?
ただインターネットで見る症状と合わない。
いやでもな、この異常な匂いは病気以外ありえないんじゃないか…。あの当時は本当に悩んだ。調べても調べてもちゃんと自分が納得するする結論には至らないのに、真っ暗な部屋のベッドの中でひたすら調べた。本当に眠れなかった。
彼氏会うのさえ怖くなった。

もう悩んで悩んで、悩みついた末。
レディースクリニックに行く決意をした。

普段あまり利用しないレディースクリニック。
誰も私のことなんて見たいないのに、なにあの子?と見られている気がして仕方なかった。

そしてとうとう、私のこの悩みの主。
デリケートゾーンの臭いの原因が明らかに…

それは思いもよらぬ診断結果だった。
それは、『裾ワキガ』
え…?っていうのがまず最初の感想だった。
だってインターネットであれだけ調べてたけど、絶対これはありえないなって思ってたから。まさかね、ワキガなんて。

どんなものかと言いますと、
原理はワキガと同じ。陰部にあるアポクリン腺から分泌された汗と皮脂腺から分泌された脂肪が混じり合い、細菌で分解されると、独特な臭いを発したり、かぶれる原因となるそうだ。

ショックでしたよワキガなんて。
手術なのかなって思いました。
脇のワキガは手術で治せるって聞いたことがあったので。

でも、手術は必要なくて、私の治療法は外陰部への注射。
効果は6カ月弱で、効果が減弱してふたたび症状があらわれた時には改めて治療を行うというもの。
痛みも全然なくて、1回の治療で一生効果があるわけではないが、私はこの治療のおかげでぐっすり眠れるようになった。

彼との関係も順調だ。

デリケートゾーンは女性にとっては大切な場所であり、人にはなかなか相談できない場所である。だからといって1人では抱え込んではいけない。ちゃんと専門の方がいるのだから、少しでも悩んだ時は相談しにいくことがベストだ。